NFL全試合観戦記

NFLを見まくります。過去記事https://wutexmgnjgqj.blog.fc2.com/?q

レイダース 素人が勝手に来季の戦力分析 ディフェンス&ST編

DT

ハースト / コリンズ / ホール / ハンキンス

 

それほど目立たないDTだが、実力者が揃っている。基本的にこの4人で回して行くのだろう。誰がセットしてもコンスタントに押し勝てる。デプス問題なし。

 

DE

ファレル / クロスビー / ケイ / ナッシブ 

 

ファレルは物足りない昨シーズンを過ごしたが、それを補って余りある大ブレイクのクロスビー。ラッシュにランストップに大活躍。ファレルも負けてはいられない。怪我もあって満足いく活躍が見せられないケイ。だが、魅力ある。ナッシブは流れ流れてレイダースへ。ロスターに残ってね。

 

LB

リトルトン / モロー / クワイトコスキー / リー / ウィルバー

 

レイダースのロスターにおいて、一番薄さを感じるのがLB。ラムズからリトルトン獲得で何とか形になったが、やはりペラペラ。ルーキー年から注目していたリーが思いの外、成長出来なかった。でも、今年こそと期待。

 

CB

アムカマーラ / アーネット / ロバートソン / ミューレン / ジョンソン

 

DBの補強に躊躇がない。上位を惜しみなく使っている印象がある。アーネットはオクーダの対角を守っていた選手。どんなプレーをするのか見てみたい。アムカマーラも元1巡、ミューレンは昨年の2巡。上位指名が並びますな。

 

S

ランドール / エイブラハム / ジョイナー / ヒース

 

こちらもランドールは元パッカーズの1巡。そして、怪我に泣いたエイブラハムも1巡。超豪華。その上で、生え抜き1巡ジョセフ放出。その分LBの補強はお留守。ヒースが良いインパクトをチームに与えてくれそう。

 

Kカールソン / Pコール / LSスウィグ / Rリチャード

 

カールソンもコールも、あの強烈なキッキングチームからすると、イマイチ感は否めない。比較しちゃダメなんだけど。リターナーは控えRBリチャードかな。レンフローがチャンスで出てくると面白い。

 

総評

面白い。戦力的な面白さ。そして、ひょっとしたらマリオタで先発行きますか?という興味も尽きない。LB以外は万全な戦力だと言える。不安になりそうなランディフェンス。そこから崩れると苦しい。同地区チーフスと戦える戦力にはなったが、及ばない様な。その差をマリオタなら、なんかやってくれそうな気がして仕方がない。カーも頑張れ。

レイダース 素人が勝手に来季の戦力分析 オフェンス編

QB

カー / マリオタ / ピーターマン

 

カーも見たい、マリオタも見たい。悩ましい。これでカーのエースの自覚が出てくればどちらにとっても好材料。どっちかと言うとマリオタ見てみたい気持ちもある。3番手ピーターマンはロスターに入れそう。3人体制を引くでしょう。

 

OL

ミラー / インコグニート / ハドソン / ジャクソン / ブラウン / パーカー / シンプソン 

 

先発の5人は錚々たるメンバー。プレーオフ出場時、最強と言われたOLに匹敵する豪華さ。LTミラーには若干の不安を感じるが、十分働けるでしょう。その分薄めの控えロスター争いは激化。ロスター確定は今年の4巡シンプソンだけ。

 

RB

ジェイコブス / ブッカー / ボウデン / リチャード

 

先発ジェイコブスは爆発的な力を発揮するより、堅実に長く活躍してくれそうな選手。オールプロには無縁だが、レイダースが強くなるには絶対必要。2番手以下が少し力が落ちる。ブッカーもリチャードもジェイコブスのチェンジオブペースを担うには力不足。

 

WR

ラグス / ウィリアムス / レンフロー / ジョーンズ / エドワーズ / アゴラー / エイトマン / ドス

 

ラグス加入で強力になったレシーバー陣。エースとしては物足りないウィリアムス、アゴラーやジョーンズなど経験のある選手も先発を伺う。3巡指名のエドワーズにもチャンスあり。昨シーズンのレンフローの様な台頭を見せられるか。今年の戦力なら、アントニオ・ブラウンは全く必要ない。

 

TE

ウォーラー / ウィッテン / モレウ / キャリアー

 

大ブレイクのウォーラー。こんな選手どこに眠っていたのか。ダラスを離れるとは思わなかったウィッテンが加入。このタンデムTEはリーグ最強。3番手モレウも飛躍する要素は十分。強力なユニットになりつつある。

チーフス 素人が勝手に来季の戦力分析 ディフェンス&ST編

DT

ジョーンズ / ナディ / サンダース / ペネル 

 

やはり圧倒的な存在感。クリス・ジョーンズのQBに与えるプレッシャーは桁が違う。サック9つが少なく感じるが、他の選手のサックにも大きく貢献している。ドナルドとパスラッシュに関しては匹敵するDT。それぐらいに凄い。ジョーンズ1人で盤石。

 

DE

クラーク / オカフォー / スピークス / クパサグノン / ダンナ / タコ

 

そんなジョーンズの恩恵を受けているDE陣。クラークはもっとやれるので今年に期待。安定して5サックは期待出来るオカフォーが加入。そして、タコ・チャールトン。日本人に馴染み易い名前ながら、既にバストの元1巡。再起を賭けてチーフスで頑張れ。

 

LB

ウィルソン / ヒッチンス / オドニール / ゲイ

 

薄い。DLにタレントを集中させているのは分かるが、デプスはペラペラ。ルーキーのゲイが先発に定着してもらわないと、今年もランディフェンスは悲惨。目を覆いたくなる様な始末になりかねない。

 

CB

ワード / ブリーランド / フェントン / スニード / キース 

 

ブリーランド獲得は当たりだったが、カットされる可能性もあった。残留は光明。それでも、ドラフト下位で2人指名。ユニットの強化を目指す。

 

S

マシュー / ソーンヒル / ソレンセン / ワッツ 

 

リーグ最強のSマシューは今年も君臨。ランディフェンスでも頼りになるハードタックラー。偉大な先輩に引っ張られら様に1年目から全試合先発のソーンヒル。ディフェンスの大きな強みになっているS。ソレンセンはSTでも欠かせない選手。控えの層の厚みに貢献。

 

Kバトカー / Pニューサム / LSウィンチェスター / Rハードマン

 

ネクスト・タッカー1番手のバトカー。Kは確かな得点源。Pは新人を競争させる様だ。リターナーはハードマン、時々ヒル。どっちも怖い。

 

総評

マホームズは更なる高みに向かうのだろうか。先発2年目でリングを獲得。ロジャースがレーティング120を越えた年の凄さに近い。この若さで。オフェンスに死角はない。問題はディフェンス。昨シーズンボックスに8人入れた時、ランディフェンスはリーグ最低。分かっていても止められないランディフェンスの弱さがある。今年もLB陣はリーグでも最低クラス。それでも、マホームズが点を取ってしまえば、後半ランオフェンスを仕掛けられない状況に相手チームは陥る。ちょっと負けるところが想像出来ない。新たなるダイナスティの予感。

 

チーフス 素人が勝手に来季の戦力分析 オフェンス編

QB

マホームズ / ヘニー

 

マホームズ。以上。これでチーフスのオフェンスはOK。チャンピオンシップ確定。それで良し。パーフェクトパッケージ。歴史的な選手。あらゆる記録を書き換える可能性がある。懸念は怪我。怪我がなければスーパーボウル3回は獲る。最低でも。控えはヘニー。

 

OL

シュワルツ / ライター / フィッシャー / ドュブァーネイ=ターディフ / アレグレッティ / ランキン / ニィアーグ / ワイリー

 

アービングが抜けたのに、まだ元ブラウンズが2人デプスチャートに名を連ねる。RTのシュワルツはRTとしてはリーグ最高の選手。フィッシャーも標準以上。インテリアに人材を欠く。補強がなかったのが不思議。まぁ、マホームズだから大丈夫っしょ。

 

RB

エドワーズ=ヘリー / ウィリアムス / トンプソン / シャーマン

 

1巡RBヘリーはパスキャッチも上手く、自分の体を上手く使って、狭いスペースを抜けるテクニックを持つ。マホームズの後ろにこの選手は最高に嫌だろう。苦しめられそう。2番手3番手のウィリアムス、トンプソンも侮って良い選手ではなく、お助けマン、シャーマンもいる。こりゃヤバイな。無双。

 

WR

ヒル / ワトキンス / ハードマン / ロビンソン 

 

ワトキンスの残留は大きい。戦力ダウンは全くなく、新たな才能を待つ時間が出来た。ガジェットタイプのハードマンはビッグプレイメイカーとして働きそう。ヒルは言うことないでしょ。計算できる人数は少ないが、恐るべし。

 

TE

ケルシー / イェルダー / シールズ=ジョーンズ 

 

最早、殿堂入り確実。トニー・ゴンザレス以降で最高のTE。全く力が衰えず、脅威は年々増すばかり。サイドラインでも明るくチームを鼓舞している姿はチームのメンター。今年も何ヤード稼ぐのか。シールズ=ジョーンズはブラウンズで決定力を見せた選手。こちらも秘かに注目。

ジャガーズ 素人が勝手に来季の戦力分析 ディフェンス&ST編

DT

ジョーンズ / ブライアン / ハミルトン / ガンダー / ラッセ

 

ドラ1ブライアン。なんか普通に良い選手になって来た。良い意味でも悪い意味でも。もっとライン戦を有利に出来る存在になって欲しい。陣容を見ても、耐久性に優れ、中々の高評価。

 

DE

アレン / ンガコエ / ウッズ / スムート / マーシュ

 

次期サック王候補アレン。カライス・キャンベルの移籍があっても、不安はない。しかしながら、ンガコエだ。チームとの溝は深く、歩み寄りはない。ホールドアウトになれば、チームにも選手にもファンにも大きなマイナスなのだが。トレードも纏まりそうになく暗澹とした状況。

 

LB

ジャック / ショーバート / クレッソン / ジェイコブ / ウィリアム / クァーターマン / リンチ

 

ジャックもチームと揉めていたっけ。こちらは収まったか不明。新加入の2人は大きな戦力アップ。インサイドはショーバートにお任せ。クレッソンはパスラッシュに期待出来る。比較的生え抜きが多く、層はまずまず。リンチがひっそり加入。ロスターに残れるか。

 

CB

ヘンダーソン / ヘイデン / メルビン / ハーンドン / クレイブルックス 

 

注目はドラ1ヘンダーソンラムジーよりも大人しめ。高過ぎる指名位置かもしれないが、チームの期待は本物。それなりにメンバーは揃っている。ヘイデンよりメルビンヘンダーソンの対角を担いそう。

 

S

ハリソン / ウィルソン / リード / ダニエルズ / ウィンガード 

 

ハリソンがしっかり先発に成長し、ウィルソンがコツコツと先発をキープ。層を厚くする為、ドラフト下位でダニエルズを指名し、ドラ外でリードとサイン。個人的に注目しているリードがロスターに残って欲しい。

 

Kランボ / Pクック / LSオルゼック / Rウェストブルック

 

ランボは良いシュアキッカー。ドラフト指名Pクックはもっと目立て。リターナーはウェストブルックか、キーナン・コールという手もあり。

 

総評

ミンシューがフランチャイズQB足り得るかという問いの答えが出る1年。それなら、なぜ、昨年フォールズと交代させた時期があったのか。HCは迷走すると碌な結果にならない。イマイチ、マローンは信用出来ない。ディフェンスにも不協和音を抱え、チームの良心カライス・キャンベルの放出。あまりポジティブな要素はない。しかしながら、捨てる物がないミンシューが吹っ切った様にパスを投げたら、もしかするともしかする。あのメキシコのベテラン保安官の様な風貌も良い。応援したくなる。

ジャガーズ 素人が勝手に来季の戦力分析 オフェンス編

QB

ミンシュー / グレノン / ルートン

 

OCにグルーデンを迎え、ミンシューの飛躍が期待される。勝利、全てはミンシュー先発の試合だった昨シーズン。そもそも、シーズン中に先発交代させたマローンHCの方が問題だと思う。かなり完成されたQBだと思えるミンシュー。とにかく先発を勝ち取った。伸び代を示せるか。そして、また、ミンシューと同じ6巡で2年連続QB指名の不思議。6巡で当てようということか。

 

OL

ロビンソン / ノーウェル / リンガー / カン / テイラー / リチャードソン / シェイトリー / バーチ

 

先発は早々たるメンバーなんだよなぁ。名前ほど安定感がないのが玉に瑕。ロビンソンにある程度の目処が立ち、逆サイドにジャワン・テイラーを置けるのは、ある意味贅沢。カンをまだ、諦めてなかったのね。ユニット全体を底上げできるとすれば、カンのところ。

 

RB

フォーネット / アームステッド / トンプソン

 

フォーネットがしっかりすれば別段問題はない。しかし、何度もチームとの不協和音が聞こえてくる。力はあるが、マローン政権が続けば、契約延長はないでしょう。昨シーズン、印象的な活躍を見せたアームステッド、飛び道具的なトンプソンと控えのバランスは良い。

 

WR

コンリー / チャーク / ウェストブルック / コール / シェナルト / ジョンソン 

 

流石に1巡は使えなかったが、2巡5巡でWR指名。昨シーズン1000ヤードをギリで越えたチャークがエース格。コンリー、ウェストブルックと2番手もまずまず。そこに新人2人で、昨シーズンより、かなり良く見える。選手構成も嫌いじゃない。地味だけどね。

 

TE

アイファート / オリバー / オショーネシー / デービス

 

怪我が唯一の懸念のアイファート。確かグルーデンがベンガルズのOC時代にコーチしていたと思う。うろ覚え。そこにベテラン、オショーネシーとドラ6デービスを加えて戦える陣容になった。未知数ではあるが。

コルツ 素人が勝手に来季の戦力分析 ディフェンス&ST編

DT

バックナー / スチュワート / オートリー / ルイス / ウィンザー

 

1巡トレードのバックナーは今オフ最大の衝撃。ランストップよし、パスラッシュよし、人間性よしの三拍子。辛かった49ersの低迷期、コンスタントに活躍していた選手。DLのグレードアップどころの話ではない。

 

DE

ヒューストン / ターリー / ムハンマド / バノーグ / デイ

 

ベテランEDGEヒューストンの加入は大成功。全試合先発で2桁サック。数字以上にチームに与えた好影響も大きい。怪我からの回復を目指すターリーと他チームで力を発揮出来なかったデイ。この辺りが戦力として台頭してくれば申し分なし。

 

LB

レオナード / オケレケ / ウォーカー / アダムス / スピード / フランクリン / グラスゴー

 

既にリーグを代表するILBに成長したレオナード。1年目から凄かったけどね。ボビー・ワグナー並。チームにとって欠くべからぬ選手。レオナードと組むことによって、もう一伸びが期待出来そうなウォーカー。ここにもコルツというチームが持つ選手を見極める能力が出ているように思う。

 

CB

キャリー / ローズ / ヤシン / テル / ムーア / ウィルソン / ロジャース

 

ベテランの加入がここ1、2年多い。積極的なFA補強。ローズは怪我さえなければ、まだまだトッププレーヤー。充分活躍が期待出来る。ヤシンやウィルソンの生え抜き組も捲土重来を待つ。中々充実。

 

S

フッカー / ウィリス / ブラックモン / ミリガン

 

中々、ポテンシャルを発揮出来ない元1巡フッカー。これでは、まあまあのSで終わってしまう。試練の4年目はFAになるにせよ、契約延長するにせよ大切。ドラフトでブラックモンを指名しているので、お尻に火が付いていい。

 

Kマクルーリン / Pサンチェス / LSローズ / Rハインズ

 

いやぁマクルーリンでもいいんだけど、ジョージア大メガネくん、ブランケンシップに残って欲しい。Pサンチェスは年々良くなっている。Rは潤沢なRBから、キャッチの上手いハインズが。

 

総評

1巡QB指名で再建期になるかと思えば、懸念のパスラッシャーとトレードし、リバース獲得。完全にスーパーボウル、獲りに行ってます。そりゃ、このOLとディフェンス見たら、タンク期なんか作ってる場合ではない。勝てる最大限を考えての素晴らしい補強。そして、来季以降も抑えてのイーソン指名まで。流石のフロント。コルツらしい。