NFL全試合観戦記

NFLを見まくります。過去記事https://wutexmgnjgqj.blog.fc2.com/?q

オフの補強通信簿 NFC北地区

パッカーズ D

IN

WRデビン・ファンチェス(コルツ)

LBクリスチャン・カークシー(ブラウンズ)

Gラッキー・ワグナー(ライオンズ)

 

OUT

WRジェロニモ・アリソン(ライオンズ)

TEジミー・グレアム(ベアーズ)

RTブライアン・ブラガ(チャージャーズ

LBカイラー・ファックレル(ジャイアンツ)

LBブレイク・マルチネスジャイアンツ)

 

自前で育てた2人のLBを簡単に放出。まだ、発展途上。伸び代も見えたのに。カークシーは本当に最高の選手だが、ここ2年、ほぼ欠場。2年のブレイクを払拭出来るか不安しかない。応援しますけど。ブラガも出して良い選手ではない。相対的に評価は下がる。ファンチェス獲得も助けになりそうな気がしない。

 

バイキングス E

IN

WRタジ・シャープ(タイタンズ

 

OUT

WRスティフォン・ディグス(ビルズ)

DTリンバル・ジョセフ(チャージャーズ

CBゼイビア・ローズ(コルツ)

CBトレ・ウェインズ(ベンガルズ

CBマッケンジー・アレクサンダー(ベンガルズ

 

要は昨年スーパー進出を狙ってたのだなと。タレントは揃っていた。ディグスの移籍はチームに不満も漏らしていたので、致し方なし。シャープはディグスにタイプは近い。大ブレイクの可能性がない訳ではない。CB先発全取っ替えとは。ヒューズの成長に期待。

 

ベアーズ D

IN

QBニック・フォールズ(ジャガーズ

TEジミー・グレアム(パッカーズ

Gジャーメイン・イファディ(シーホークス

EDGEロバート・クイン(カウボーイズ

CBアーティ・バーンズ(スティーラーズ

 

OUT

OLBレオナード・フロイド(ラムズ

CBプリンス・アマカマーラ

Sハハ・クリントンディグス(カウボーイズ

 

フォールズの獲得の意味。それだけで評価は下がる。トルビスキーへの奮起を促すだけなら、代償はデカい。それ以外の補強は非常に好感。もちろん、控えQBとしてのニック・フォールズの力量には信頼が置ける。それも加えての評価です。

 

ライオンズ E

IN

WRジェロニモ・アリソン(パッカーズ

Gジョシュ・ガーネット(49ers

OLハラプロパティ・バイタイ(イーグルス

DTダニー・シェルトン(ペイトリオッツ

LBジェイミー・コリンズ(ペイトリオッツ

CBデズモンド・トゥルーファント(ファルコンズ

 

OUT

Gグレアム・グラスゴーブロンコス

Tリッキー・ワグナー(パッカーズ

DTデイモン・ハリソン

DTマイク・ダニエルズ

DEアショーン・ロビンソン(ラムズ

LBダショーン・ケナード(カージナルス

CBダリウス・スレイ(イーグルス

 

派手に動いたライオンズ。パトリシアはペイトリオッツのディフェンス選手を集め出し、チームに大きな不協和音。上手くいけば名采配。失敗すれば解任は免れない。勝負の年。スレイを移籍させたのは首を捻る。まずまずの補強状況だが、やはりパトリシアの意向が強い。ジェイミー・コリンズがいるので今年はNFC一推しで応援します。

 

 

 

オフの補強通信簿 NFC南地区

セインツ B

IN

WRエマニュエル・サンダース(49ers

Sマルコム・ジェンキンスイーグルス

 

OUT

QBテディ・ブリッジウォーター(パンサーズ)

LB AJ・クライン(ビルズ)

CBイーライ・アップル

Sボン・ベル(ベンガルズ

 

何と言ってもブリーズの契約延長。最高の選手が最良のチームに収まって、ホッと一息。トーマスとサンダースのデュオはブリーズにとって、どれだけ大きいか。2番手としては最強のサンダース。更にトーマス活躍するな。意外と痛いボン・ベルの移籍。ミスの少ない選手。マーカス・ウィリアムスは凡ミスが決定的なシーンで出てしまう選手なので不安。出戻りジェンキンスに教育してもらいましょう。

 

ファルコンズ A

IN

RBトッド・ガーリー(ラムズ

TEヘイデン・ハースト(レイブンズ)

EDGEダンテ・ファウラーjr(ラムズ

 

OUT

RBダボンテ・フリーマン

TEオースティン・フーパー(ブラウンズ)

EDGEビック・ビーズリータイタンズ

EDGEエイドリアン・クレイボーン(ブラウンズ)

CBデズモント・トゥルーファント(ライオンズ)

 

獲得した選手は全てグレードアップ。このオフの動きは素晴らしい。フリーマンがガーリーになるとは。心配は怪我。フリーマンも怪我が多かったので、ガーリーに代わっても同じ不安がある。RBはドラフト下位で指名するでしょう。トゥルーファントも怪我が多く、放出はやむなし。オクーダ落ちて来たら確実に指名するでしょう。ファルコンズの順位では難しいか。

 

バッカニアーズ C

IN

QBトム・ブレイディ(ペイトリオッツ

 

OUT

QBジェイミス・ウィンストン

RBペイトン・バーバー(レッドスキンズ

WRプレシャド・ペリマン(ジェッツ)

 

ブレイディが赤いユニフォームを着るとは。暖かさが苦手とされているが、そりゃ、年取りゃ暖かい方がいいさ。でも、ピークを過ぎた選手に大きな期待は禁物かと。だからこそ、もう少しOLを取りに行って欲しかった。ディフェンスはJPP、バレット、スーをキープ。+αはドラフトで。DB希望でしょうか。

 

パンサーズ EEE

IN

QBテディ・ブリッジウォーター(セインツ)

WRロビー・アンダーソン(ジェッツ)

LTラッセル・オクング(チャージャーズ

 

OUT

QBキャム・ニュートン

QBカイル・アレン(レッドスキンズ

TEグレッグ・オルセンシーホークス

Gトレイ・ターナーチャージャーズ

DTジェラルド・マッコイ(カウボーイズ

DTドンタリ・ポー(カウボーイズ

DTバーノン・バトラー(ビルズ)

EDGEブルース・アーヴィンシーホークス

EDGEマリオ・マティソン(ビルズ)

CBジェームズ・ブラッドベリー(ジャイアンツ)

Sエリック・リード

 

RETIRED

LBルーク・キークリー

 

どした?この時点で希望はどこにも見ることが出来ない。タンクは分かるけど。これだけ放出して、なぜロビー・アンダーソンだけ獲得。WRよりも補強するところあっただろうに。そもそも、ターナーとオクングのトレードがよく分からない。今年は勝つ気がない。来年の全体1位トレバーを狙ってる?HCはカレッジから。その思惑、否定出来ない。

 

 

オフの補強通信簿 NFC東地区

イーグルス C

IN

DTジャボン・ハーグリーヴススティーラーズ

CBダリウス・スレイ(ライオンズ)

Sウィル・パークス(ブロンコス

OUT

RBジョーダン・ハワード(ドルフィンズ

WRネルソン・アゴラー(レイダース)

DTティミー・ジャーニガン(テキサンズ

CBロナルド・ダービー(レッドスキンズ

LBナイジェル・ブラッドハム

Sマルコム・ジェンキンス(セインツ)

LTジェイソン・ピータース

 

怪我人続出ながら、地区優勝プレーオフ進出。今年はチームの柱、ピータースと契約していない上にベテランを大挙放出。怪我の多いアゴラー、ハワードもさようならでチームの変革の意思を示している。ウエンツの怪我癖さえなければ、いつでも充分戦える。そして、スレイの獲得は素晴らしい。ダービー、ジェンキンスの移籍以上にプラス計算。

 

カウボーイズ B

IN

Kグレッグ・ズーライン(ラムズ

DTジェラル・マッコイ(パンサーズ)

DTドンタリ・ポー(パンサーズ)

Sハハ・クリントンディグス(ベアーズ)

OUT

WRランドール・コブ(テキサンズ

TEジェイソン・ウィッテン(レイダース)

EDGEロバート・クイン(ベアーズ)

CBバイロン・ジョーンズ(ドルフィンズ

Sジェフ・ヒース(レイダース)

 

RETIRED

Cトラビス・フレデリック

 

オフェンスは契約延長、ディフェンスはFAで積極補強。ドラフトは補填的にオフェンス中心になるかな。プレスコットとクーパーとの契約延長で芯を作った。ショーン・リーも確保してディフェンスのリーダーも失わない。しかし、パスラッシャーは補強なし。復活したクインはキープしたかったはず。ベネットが未契約で残っており、ベテランミニマムでの契約はあり得る。好きな選手、フレデリックが引退。残念。

 

ジャイアンツ C

IN

RBディオン・ルイス(タイタンズ

EDGEカイラー・ファックレル(パッカーズ

LBブレイク・マルチネスパッカーズ

CBジェームズ・ブラッドベリー(パンサーズ)

 

RETIRED

QBイーライ・マニング

 

未だゴールデン、オグルツリーとの再契約はない。ファックレル、マルチネスとLBをパッカーズから2枚釣り。それでも、少し頼りない。WR辺りも、もう少し積極的に補強しても良いが。ドラフト1巡指名はWRという事もあり得るのかも。

 

レッドスキンズ D

IN

QBカイル・アレン(パンサーズ)

RBペイトン・バーバー(バッカニアーズ

CBロナルド・ダービー(イーグルス

OUT

QBケース・キーナム(ブラウンズ)

CBジャシュ・ノーマン(ビルズ)

 

RETIRED

TEバーノン・デービス

 

リベラがHC就任。ニュートン来るんじゃね、的な予想がどんどん先送られている。ドラフトでその辺がはっきりして来るだろう。オフの動きはハスキンスを先発に地区制覇を狙いにいくチームとは思えない補強姿勢。だからこそ、QB指名しそう。チームの再建はQBからで良いと思うし。そして、デービスが引退。49ersから移籍後、怪我に苦しんだ印象がある。ダイナミックなプレーが好きでした。お疲れ様。

 

 

カレッジを見てみる 〜ジョナサン・テイラー

コロナ禍でドラフトは無観客。家族で喜びを分かち合うシーンも禁止。集合はダメ。

本当に腹立つコロナ。早く収束して、日常にスポーツが戻ってきて欲しい。

 

さて、カレッジ企画。今回はプロスペクトRBの最高峰ジョナサン・テイラーを見てみました。

 

ROSE BOWL

Oregon vs Wisconsin

 

Wisconsin

RBジョナサン・テイラー

素晴らしい瞬発力と柔らかさ。アウトに流れてもロスゲインにしない執念もプロ仕様。この試合を見たら、もう少しドラフト上位で指名されてもおかしくない。ジョージアのスウィフトが、それほど良い所を見ていないので、ドラフトで初めに呼ばれるRBはテイラーになるでしょう。

 

Cタイラー・ビアダス

間違いなくナンバー1C。ランブロックは完璧だ。スナップにミス。ちょっとパスプロの体制になる為に焦ったか。2巡では指名できないよな。OLの安定に貢献大。そういえば、カレッジ見始めてから、アンダーセンターのスナップを初めて見た。全部ショットガンだったから。珍しい。

 

LBザック・バーン

今ドラフト、3巡ぐらいでブラウンズが指名してくれたら堪らなく嬉しい。ついでに隣のサンバーンも。2人のバランスが良いのか、コンビの硬さが目立つ。OLBの表記があるが、よりILBの方に適性がありそう。欲しい。

 

Oregon 

Sブレイディ・ブリーズ

ディフェンスでも、重要な曲面でパスブレイク。体は小さく見えるがバネと読み。ファンブルを拾ってからのトップスピードになるまでの早さ。凄く良い選手だが、プロスペクトに上がって来ない。もう一年プレーすると思われる。名前を憶えておこう。憶え易い名前だ。

 

LBトロイ・ダイ

リーダーシップもあり、タックルの上手さが光る。ファンブルフォース時のボールを狙うところなど、ボールホークぶりは素晴らしい。ちょっとプレーにムラがある様にも感じるが、バーンかダイのどちらかが欲しい。ブラウンズファン的には。

 

QBジャスティン・ハーバード

パスが全然だめで138ヤードで1インターセプト。到底勝利チームのQBスタッツはない。だが、そんな時にディフェンスをすり抜けるランで打開できるのは強み。ランで3TD。パスの不振を補える。パスも上手いけどね。やっぱりドラフトでは6位までには消えるでしょう。

 

Oregon 24ー23 Wisconsin

 

試合は1点差。手に汗を握る素晴らしいゲーム。カレッジのレベルの高い試合は、やっぱり面白い。

オフの補強通信簿 AFC西地区

チーフス E

OUT

ILBレジー・ラグナンド(ライオンズ)

 

特に大物を獲得せず、流出もなし。サミー・ワトキンスも残留する様で。マホームズがいればそりゃ、補強いらないですわ。万全な優勝候補。敵はマホームズの怪我。ドラフト補強でダイナスティへの道は見えるか。ラグナンドは思いあれがあったので書いておきました。

 

ブロンコス A

IN

RBメルビン・ゴードン(チャージャーズ

Cグレアム・グラスゴー(ライオンズ)

DEジェレル・ケーシー(タイタンズ

CB AJ・ボイエ(ジャガーズ

 

OUT

QBジョー・フラッコ

RBデバンテ・ブッカー

DTデレク・ウォルフ(レイブンズ)

CBクリス・ハリス(チャージャーズ

Sウィル・パークス(イーグルス

 

放出に合わせた様に、ちゃんと手当て。ブッカー→ゴードンはグレードアップ。ハリス→ボイエも能力的に申し分なしの両者。見事。これでドラフトでの補強が楽しみになった。地区内では打倒マホームズへ一番近い。

 

レイダース C

IN

QBマーカス・マリオタ(タイタンズ

TEジェイソン・ウィッテンカウボーイズ

LBコーリー・リトルトン(ラムズ

Sジェフ・ヒース(カウボーイズ

 

OUT

Sカール・ジョセフ(ブラウンズ)

 

数は多いけど、何か的外れ。イマイチ信頼が置けないグルーデンの補強。どうなんでしょうかねえ。マリオタの獲得は良い方向に行けば、両QBにとって実り多き事になりそう。カーもうかうかしてられない。しかしながら、マホームズ打倒にはインパクトに欠ける。ドラフトで補填出来るか。

 

チャージャーズ C

IN

Gトレイ・ターナー(パンサーズ)

CBクリス・ハリス(ブロンコス

 

OUT

QBフィリップ・リバース(コルツ)

RBメルビン・ゴードン(ブロンコス

LTラッセル・オクング(パンサーズ)

LBトーマス・デービス(レッドスキンズ

 

とうとうリバースがチャージャーズのユニフォームを脱ぐ時が来た。本当にそんな時が来るとは。ハンター・ヘンリーをタグ付けし、ゴードンよりエクラーを取った。これはチームにとっても、ゴードンにとっても大正解。そして、ドラフトは全体6位。トップ3QBに確実に手が届くには、トレードアップが必要かもしれない。

 

 

 

オフの補強通信簿 AFC北地区

レイブンズ B

IN

DTデレク・ウォルフ(ブロンコス

DEカライス・キャンベル(ジャガーズ

 

OUT

TEヘイデン・ハースト(ファルコンズ

Tジェームス・ハースト

DTクリス・ウォーマリー(スティーラーズ

Sトニー・ジェファーソン

 

RETIRED

Gマーシャル・ヤンダ

 

ピンポイントで良い補強は相変わらずのチームポリシー。ブロッカーズに振られたら、直ぐにウォルフとは。動きの速さ。羨ましい。 ハーストのトレードは意外。アンドリュースだけいれば良いということか。チームのロスター作りに自信が漲る。

 

スティーラーズ B

IN

TEエリック・イブロン(コルツ)

DTクリス・ウォーマリー(レイブンズ)

 

OUT

DTジャボン・ハーグリーヴスイーグルス

CBアーティ・バーンズ(ベアーズ)

Sショーン・デイビスレッドスキンズ

 

静かなオフ。それほど大物の流出はない。ヒース・ミラー以来のレシービングTEエブロンの獲得が目玉。攻撃の幅が広がりそう。ハーグリーヴスの流出は痛いが、ウォーマリーを同地区から補強。力は変わらず、これは等価交換と言える。

 

ブラウンズ C

IN 

QBケース・キーナム(レッドスキンズ

Tジャック・コンクリン(タイタンズ

TEオースティン・フーパー(ファルコンズ

DTアンドリュー・ビリングス(ベンガルズ

Sカール・ジョセフ(レイダース)

DEエイドリアン・クレイボーンファルコンズ

 

OUT

LBジョー・ショーバート(ジャガーズ

LBクリスチャン・カークシー(パッカーズ

LTグレッグ・ロビンソン

 

まさかコンクリンが来てくれるとは。シンプルに驚いた。薄いSも元1巡ジョセフを獲得とまずまず。しかしながら、チームを支えたカークシーを放出。カークシーは怪我が多いから何とか納得出来るが、ショーバートまでとは。LBの補強、グッドソンで終わりじゃないでしょうね。不安。ロビンソンは運び屋でしたね。史上最低のバスト野郎。

 

ベンガルズ C

IN

CBトレ・ウェインズ(バイキングス)

CBマッケンジー・アレクサンダー(バイキングス)

Sボン・ベル(セインツ)

 

OUT

TEタイラー・アイファート(ジャガーズ

Tコーディ・グレン

 

毎年動かない、生え抜き中心主義のチーム作り。だが、今年は中々動きます。ウェインズとアレクサンダーのミネソタコンビを獲得。弱かったDBを立て直し。ボン・ベルは地味だが素晴らしい選手。この補強はナイス。しかし、全てのポジションに人材を欠いている状態でDBにFA補強が偏りすぎ。ILBの補強は必須なのに。ドラフトでは足りないぞ。

 

オフの補強通信簿 AFC南地区

テキサンズ E

IN

RBデビッド・ジョンソン(カージナルス

WRランドール・コブ(カウボーイズ

 

OUT

WRディアンドレ・ホプキンス(カージナルス

 

もう多くは語らずとも、誰もが分かっている。出してはいけない選手を出しては行けない状況で放出。チーム力の低下、それ以上にチームのマインドを手放した事。これで、成功したとしても、長い目では失敗。

 

タイタンズ D

IN

OLBビック・ビーズリーファルコンズ

 

OUT

CBマルコム・バトラー(シーホークス) 

TEデラニー・ウォーカー

Tジャック・コンクリン(ブラウンズ)

DEジェレル・ケーシー(ブロンコス) 

RBディオン・ルイス(ジャイアンツ)

QBマーカス・マリオタ(レイダース) 

 

キャップを考えればある程度の流出は仕方がない。タネヒルとの契約を優先した結果。ヘンリーのタグ付けも理解出来る。コンクリンまでは手が伸びなかったし、本人はLTでやりたい気持ちもあるだろう。それでも、ケーシーの移籍は驚いた。ビーズリーとは等価交換ではない。

 

コルツ A

IN

QBフィリップ・リバース(チャージャーズ

DEデフォレスト・バックナー(49ers) 

DEシェルドン・デイ(49ers) 

CBゼイビア・ローズ(バイキングス)

 

OUT

TEエリック・エブロン(スティーラーズ

 

1巡13位を放出してデフォレスト・バックナーの獲得はインパクト大。懸念のパスラッシュをグレードアップ。エースにリバースを据え、Tサンブレロも現役続行。レシーバー陣は層が薄いが、2巡上位指名権を使って補強すれば良い。現在地区優勝、一番手。

 

ジャガーズ C

IN

TEタイラー・アイファート(ベンガルズ

ILBジョー・ショーバート(ブラウンズ)

 

OUT

QBニック・フォールズ(ベアーズ)

DEカライス・キャンベル(レイブンズ)

CB AJ・ボイエ(ブロンコス

 

本来ならDかEなのだが、フォールズの引き受け先を見つけたのはウルトラC。莫大な額の控えQBはチームの邪魔でしかない。フォールズもいずらいでしょう。しかし、カライス・キャンベルは出しては行けない。本当に。ブラウンズから移籍のショーバート。活躍を祈ってます。