NFL全試合観戦記

NFLを見まくります。過去記事https://wutexmgnjgqj.blog.fc2.com/?q

カレッジを見てみる 〜ジャマール・チェイス

今年は昨シーズンのWR豊作を上回るWR陣がドラフトにエントリー。ビック3が突出している。中でもNO.1評価は間違いなくチェイスでしょう。昨ドラフトだったとしてもトップ10は外さなかった。今年はQB必要なチームも多く、トップ3指名かは微妙。巡位的には4位以下ならバリューだよね。どこのチームに行くのか楽しみ。

 

ただ、2020シーズンはコロナのオプトアウトで出場せず。そこで、観戦したのが、2019シーズンのチャンピオンシップ。vs Clemson。チェイスのカレッジ最後の試合。再見です。

 

いやぁ、凄いなバローは。トレバーもいいぞ。シモンズもやるな。キラ星の如く未来のNFLプレーヤーざっくざく。その中、LSUのNo.1のユニフォーム背負うチェイス。一味違う活躍を見せた。

 

スタッツは

 

9キャッチ221ヤード2TD

 

本当にもう、なんて言ったらいいのか。現バイキングスのジャスティン・ジェファーソンを霞ませる活躍。楽にオープンになれる、シュアハンド、スピードもあり,狭い隙間も縫ってゲイン出来る。パーフェクトパック。ただただ、凄え。

 

QBがニーズでなければ全体1位でも良いぐらい。スリップして、ベンガルズ指名したら、バロー=チェイスの黄金のホットライン復活という夢。バローの為の補強なら、スウェルよりチェイスという手もある。

 

試合は

 

Clemson 25ー42 LSU

 

この試合はコロナ禍を想像も出来なかった頃。来年は満員の観客の中、試合が開催されます様に。

f:id:woodheadmoss:20210225101800j:image

 

 

 

ベンガルズ 素人が勝手に来季への補強ポイント

補強ポイント WR EDGE  OL

 

まだ、補強ポイントは沢山ある。AJが抜け、ロスが抜け、レシーバーはバロー体制に合った選手を欲している。2巡でヒギンズ、ボイドクラスを引き当てたい。1巡はスウェルか。懸案だったOLがグレードアップは間違いない。ダンロップがチームを去り、サックの危険が著しく減少。後はTEとRBかな。ま、全て揃うチームがないのがNFL

 

オフェンス注目FA

WR AJ・グリーン

WRジョン・ロス

WRアレックス・エリクソン

 

注目はやはりAJ。チームに残る事はないが、ブラウンズにほしいなぁ。怪我から、バローとのコンビの不調。まだまだ、衰えがあろうはずがない。もう一人の1巡ロスも大きなプライスダウンになるが、他チームでプレーするでしょう。リターナーで仕事が出来るエリクソンは残しておきたい。

 

ディフェンス注目FA

CBマッケンジー・アレクサンダー

CBウィリアム・ジャクソンⅢ

DEカール・ローソン

 

何を置いても引き留めたい選手はいない。強いて言えばローソンか。生え抜きのエッジだが、爆発的な力はないが、少し高くなりそう。燻るエッジは他チームでブレイクの流れかな。バッカニアーズのバレットを目指す。

 

来季、活躍を期待したい選手

QBジョー・バロー

 

不運な大怪我で無念のIR。チームは勝てなかったが、バローの能力に疑いはない。全てをコンプリートしたマホームズに対抗出来る器。恐らく、昨シーズンも全試合出場していたら、少なくともハーバートの獲得ヤードを越えていただろう。オープンなレシーバーを見つける天性の才能は衰えることはない。厳しいリハビリを超えて、是非100%の状態で戻って来て欲しい。

ブラウンズ 素人が勝手に来季への補強ポイント

補強ポイント  LB WR DT

 

18年ぶりのプレーオフ勝利。マホームズが途中欠場しても勝てなかった事はまだ、真の実力が付いていない証明。特にLB陣の薄さは開幕前からの懸念がそのまま出てしまった。ランディフェンスで後手に回る試合の多い事よ。LB、DTの補強は急務。ワット頼むよ。オフェンスは波もあったが、強いてあげればWR。ベッカムの処遇とビギンズの再契約。上手く進まなければもう1枚加えることに躊躇いはない。

 

オフェンス注目FA

Tケンドール・ラム

WRラシャード・ヒギンス

 

2人ともキープで。ラムは控えとしては貴重な戦力。自チームで育てたヒギンスを流出させたくないなぁ。

 

ディフェンス注目FA

Sカール・ジョセフ

DEオリビエ・バーノン

CBケビン・ジョンソン

CBテレンス・ミッチェル

Sアンドリュー・センデホー

LBマルコム・スミス

DTラリー・オグンジョビ

 

ベテラン1年契約の選手が多く揃ってFA。個人的に残して欲しいのがマルコム・スミス。無理でしょうな。バーノンは活躍し始めたら怪我。さようなら。すまぬ。オグンジョビは成長が急ストップ。他チームで出直した方が良い。センデホー、ジョセフは残して欲しいけど、残せたとしてもどちらか1人でしょう。

 

来季、活躍を期待したい選手

TEハリス・ブライアント

 

4巡ルーキー。それほど期待していなかったが、シーズン序盤にTDを上げ、注目。しっかりとブロック出来るタイプで愚直な印象。悔しいドロップもあったが、1年目で1巡ジョクを上回る成績。身体能力に頼りがちなジョクより、TEらしいTE。フーパーに多くを学んで欲しい。来年は600ヤード5TDを目指せ。

レイブンズ 素人が勝手に来季への補強ポイント

補強ポイント  TE C EDGE

 

圧倒的なランオフェンスが有れば、レシーバー陣は今の陣容で十分。WRより大きく頑丈なTEを補強して、ラマー初年のヘイデン=アンドリュース体制になった方が怖い。シーズン後半からCスナップが安定しなかった。スクーラのFAのタイミングで交代でしょう。ジュドンの引き留めを考えていると思うが、破壊力のあるエッジが入ったらレイブンズディフェンスは無敵。

 

オフェンス注目FA

WRウィリー・スニード

Cマット・スクーラ

RBガス・エドワーズ

G DJ・フルカー

WRデズ・ブライアント

 

イングラムとは袂を分つ事が決まり、エドワーズの重要性が増した。この中では引き留めたいトップ。地味に控えとしても信頼出来るフルカーは額次第。他の選手はスルーでしょう。

 

ディフェンス注目FA

DEマット・ジュドン

DEヤニーク・ンガコエ

DTデレック・ウォルフ

LBタイウス・ボウザー

DEパーネル・マクフィ

 

ジュドン、ンガコエのどちらかは残したいが2人は無理か。ジュドンは市場に出たい、ンガコエは高い。悩ましい。ウォルフ、マクフィーはベテランだけに安ければ再契約に動くだろう。ボウザーはブレイクし切れなかっただけにチームはどう見るかひっそり注目したい。

 

来季、活躍を期待したい選手

WRデビン・ダーバネイ

 

3巡ルーキー。チームの特色上、レシーバーはそこまでのキャッチ力を期待されない。逆にブロック力、ガジェット能力を評価するのがラマーオフェンス。ダーバネイの個性もそこ。リターナーとしての起用もあった。来季はスニードが抜ける公算が強く、補強が薄ければ3番手としての出場が多くなる。ルーキー年は全試合出場。伸びるかどうか。来年に飛躍しそうな雰囲気あり。

スティーラーズ 素人が勝手に来季への補強ポイント

補強ポイント RB C QB

 

序盤の快進撃から急失速。プレーオフでの大敗はチームにはショックも大きかった。不動のCパウンシーが兄弟揃って引退。やはりCは大きな補強ポイントとなる。怪我がちのRBコナーから、もう少しチームカラーにあったラン攻撃の出来る選手を補強したい。そして、ベンの処遇。後数年はあるとしても、ルドルフに未来を見ていないなら、1巡でもスリップして来たら指名するべき。ここ最近の傾向ではスリップはしないが。ディフェンスは選手が揃っている。ワット兄が行きません様に。

 

オフェンス注目FA

LTアレハンドロ・ビラヌエバ

WRジュジュ・スミスシュスター

RBジェームズ・コナー

 

充実したWR陣。スミスシュスターが流出しても問題なし。また、下位で良いレシーバー見つけるでしょうな。憎らしい。ビラヌエバとパウンシー、2人一気にOLの要を失う訳にはいかない。FA引き留めの最優先。コナーはそのまま市場でしょう。

 

ディフェンス注目FA

OLBバド・デュプリー

ILBエイブリー・ウィルアムソン

CBマイク・ヒルトン

DEタイソン・アルアル

 

実績のあるエッジラッシャーは引くて数多。怪我の状態次第で高騰しそうなデュプリー。ただ、個人的にはスティーラーズ以外のチームにフィットするかは疑問。ヒルトンは出来れば引き留めたい。それほど高額にならないと予想。衰えは見えるが貴重なDLのアルアル。お手頃価格での再契約が妥当。 LBはデプスが厚い。ブッシュの完全復活があるならウィルアムソンとの再契約はない。

 

来年、活躍を期待したい選手

QBベン・ロスリスバーガー

 

リバースもイーライもいなくなった。ロスリスバーガーのルーキーイヤーのプレーを覚えている爺NFLファン。現在ブラウンズファンになってしまったので、憎き敵。しかしながら、引退したら、寂しいな。来年もプレーしてくれたら嬉しい。ブラウンズがコテンパンに勝ちたい。が、ベテランが活躍してくれるのは励まされる。

カレッジを見てみる 〜トレイ・ランス

さて今日はノース・ダコタ大の試合を見てみました。今年のプロスペクトQBは3強。それに続くQB4番手のトレイ・ランス。マック・ジョーンズより上の評価で、7位から10位ぐらいの評価を受けている。本当に大丈夫?

 

見た試合は

 

Central Arkansas vs North Dakota

 

ランスにとっての今シーズン開幕戦。無観客試合は辛いなぁ。それでも、選手もコーチも必死にプレーしてくれている。感謝。

 

スタッツはパス

15/30 149ヤード2TD1インターセプト

 

ランで

15回143ヤード2TD

 

見る限りは完全モバイル。パスでの判断は遅いがそれなりにコントロールは良い。初戦の硬さがチーム全体に見られたので、その辺のコンビネーションがまだ出来ていないのはコロナシーズンの特徴かも。持ち味はラン。RBと見紛う真ん中のホールに飛び込んでのロングゲイン。ハードなタックルを受ける事も少ない。ランプレーの勘が良い印象が見える。143ヤードだからねぇ。前半、停滞したオフェンス、4Qに3TDまとめて、逆転勝ち。クラッチ能力はあるのかも。

 

試合は

Central Arkansas 28ー39 North Dakota

 

ただ、1巡1桁指名はかなりのリスクかと。フィジカル的には出来上がっているが、パサーとしては未完。ラックと比べる向きもあるが、過大評価せず、落ち着いた空気の中で経験を積ませたい。

 

f:id:woodheadmoss:20210220092025j:image

 

 

 

 

ジャガーズ 素人が勝手に来季への補強ポイント

コルツの記事でウエンツ、ベアーズ決まり掛けている、と書いたら、コルツに決定。私の書く事当たりませんな。しかし、情報として、ウエンツがベアーズを嫌がっているという噂が入り出してから速攻トレード成立。代償は今年の3巡と来年の条件あり2巡。ゴフに比べると妥当。イーグルスは史上最高額のデッドマネー。本当の再建は来年から。

 

そして、ジャガーズの記事へ

 

補強ポイント QB S RB TE

 

全体1位でどのQBを指名するかが焦点。世間はローレンスのモックしかないが、メイヤーはフィールズをリクルートしているし、ウィルソンのポテンシャルも捨てがたい。しかしながら、ローレンスをスルーして成功されたら、目も当てられない。ローレンス指名プレッシャーは大きい。RBロビンソンが無名から飛躍したが、ほぼ1人でキャリーし、怪我。信頼できる2番手が欲しい。ディフェンスはブレイク出来ないビックネームが多く、良い方向に回れば復活出来る。最後方は穴。もちろん、レシービングTEも必要。

 

オフェンス注目FA

WRキーナン・コール

WRクリス・コンリー

LTキャム・ロビンソン

TEジェームス・オショーネシー

QBマイク・グレノン

 

コールとコンリーの両レシーバー。どちらか1人確保なら生え抜きコールを選ぶ。ロビンソンは微妙。ジャワン・テイラーにLTの将来性を見ているなら、再契約しないでしょう。弱点の TE。グレードアップが必要だ。グレノンはもう一度チャンスを与えたい。控えなら優良。

 

ディフェンス注目FA

CB DJ・ヘイデン

CBトレ・ヘイデン

 

ディフェンス陣は目立ったFAがなく、トレの方のヘイデンにオファーするぐらい。

 

来季、活躍を期待したい選手

CB CJ・ヘンダーソン

 

個人的にはCBの1巡1桁指名はリスキーに過ぎる。オクーダが狙われてしまうのがNFLインターセプトからスタートしたヘンダーソンも、その後カバーに手こずった。その上、怪我でIR入り。悔しいルーキーシーズンとなった。タックル力は間違いなく、前へのプレーは光るものがある。来季は体を治してしっかりと準備して欲しい。ジャガーズの守備再建の鍵を握る選手。