NFL全試合観戦記

NFLを見まくります。過去記事https://wutexmgnjgqj.blog.fc2.com/?q

NFC DIVISONAL ラムズvsバッカニアーズ

ラムズ

gameball

QBマシュー・スタフォード


何も言うことはない。4Q残り45秒から2つのパスでサヨナラFGをアレンジ。最高の舞台で最高のパスがクーパー・カップへ。スタフォードの長い道のり。色々な事があった試合。ファンブルリカバーの直後、センターのスナップミスからのファンブルロストもあった。しかしながら、これがラムズ、スタフォードの魅力なのかも。見ていて飽きません。スタフォードは366ヤード2TD。クーパー・カップは圧巻の183ヤード。珍しいファンブルも記録。試合にフックを与えてしまった。エイカーズも同点にされるきっかけのファンブルロスト。前週までビッグゲインをしていたミシェルが1キャリー。それは解せない。


失点の責任はディフェンスにはないと思う。4thダウンを止めていたし、ラムジーも冷静さを失ってなかった。ラムズが与えたターンオーバーは4つ。厳しいフィールドポジションからのディフェンスが多かった。サックは3つ。ターンオーバーも2つ奪った。


ラムズってマクベイになってから、面白い試合が多い。そこにスタフォードというスパイスが加わり、更に濃度が増している。勝つにしろ負けるにしろ、派手。堅い試合は絶対にしません。ダイナミック。


バッカニアーズ

gameball

QBトム・ブレイディ


最大24点差を追いつけるのはブレイディしかいない。ただ、あのスーパーボウルファルコンズ戦の様なスムーズ差はなく、気付いたら同点という感じ。前半ミスが多く、得点はFGの3点のみ。ブレイディがヘルメットへのタックルがあったのに反則を取ってもらえず逆にパーソナルフォールを取られてしまう。司令塔が冷静さを欠いていた。後半は復活。エバンスへの55ヤードTDパスは圧巻の一言。フォーネットが戻って来たが前週、活躍したバーナードやボーンがキャリーしていないのが不思議。


大きく冷静さを欠いたディフェンス。スーが元チームメイト、スタフォードへトーンティングの反則。仲悪かったのか?ディフェンスが2つのパーソナルファール。いつものプレーが出来ない。サヨナラFGを食らったドライブでもサックの後、2回のパスで66ヤード失い痛恨。サックで気が緩んでしまったのは否めない。


3試合連続のサヨナラFGってあり?今年のディビジョナル、面白過ぎやん。バッカニアーズの連覇への野望は潰えた。ブレイディの去就が注目されている。45歳にこのスポーツはキツいよ。でも、私の様なジジイになると、頑張ってプレーしているブレイディの姿は心の底から励みになるのよ。


ラムズ 30ー27 バッカニアーズ

 

NFC DIVISONAL 49ers vsパッカーズ

49ers

gameball

DEジョーダン・ウィリス


サミュエルとロジャース。ハイスコアゲームを予想したが、全く逆の展開。そもそも、49ersはオフェンスで6点しか取れていない。厳しい寒さと敵地。オフェンスは全く進まない。とにかく必死。ファンブルをしない様にインターセプトをしない様にガロポロも慎重。オフェンスはターンオーバー0で切り抜けた。それで良し。


ディフェンスは本当に素晴らしい。怪我が心配されたニック・ボサが2サック。アームステッドは何か、1段レベルアップした様なサックも。プレッシャーがOLを圧倒。寒い厳しい環境での見本的戦い方。


勝敗はスペシャルチームの差で現れた。後半最初のキックオフリターンにサミュエルを起用。勝ちに対する執念。そして、ビッグゲイン。そしてそして、ウィリスのパントブロック。そのボールをリカバーしてTD。大殊勲。このプレーで同点。モメンタムを引き寄せた。最後のグルードのサヨナラFGも安心して見ていられた。チームが乗って来た。リングも見えて来たぞ。


パッカーズ

gameball

ディフェンス陣全員


1stドライブのTD。この時点で負けを予想出来たファンはいなかったよなぁ。30点ぐらい取りそうな雰囲気。しかし、何か硬さが抜けない。後半2秒を残してのFGチャンスをクロスビーが外してしまう。流れる暗雲。後半、漸くFGを捻じ込み7点差。そして、運命のパント。そもそもスペシャルチームがリーグ最低クラスのパッカーズ。この日はPホジョケスが絶不調。インサイド20どころかタッチバックもなし。この日2つ目のスペシャルチームが受けたブロックで試合の流れが変わった。


雪のランボウフィールドとは言え、49ersのハイパーオフェンスを6点に抑えた。グレイ2サック。パスもランも106ヤード喪失。トータル212ヤード。これ以上は望むべくもない。


やはりポストシーズンのランボウフィールドは苦手のロジャース。出来れば暖かいチームに移籍したいだろな。それよりもシード1がNFCAFC共にチャンピオンシップに出場出来ないという異常事態。今年は実力伯仲。僅差の現れ。


49ers 13ー10 パッカーズ

AFC DIVISONAL ベンガルズvsタイタンズ

ベンガルズ

gameball

Kエバン・マクファーソン


恐ろしいルーキーKマクファーソン。カレッジ時代から凄さは知っていたが。全く動じず、50ヤード超も含め4本成功。決勝のFGも素晴らしい。タッカーに続いてA北に嫌なキッカーがまた現れた。バローは通常営業。OLが脆すぎる。ドロップバックでのサックは大きなロスヤード。それでも、決め手があるチームは違う。チェイスですよ、チェイス。5キャッチで109ヤード。ビッグゲインの影にチェイスあり。キャッチ力とラン能力はえげつない。ラテラルのパスをビッグゲインにしてしまう。こらこら。


ディフェンスはビッグプレーで応えた。3インターセプト。個人的に大好きなローガン・ウィルソンも1つ。試合開始直後のベイツのインターセプトはチームから緊張感を抜き取った意味でも価値が大きい。


バローはいずれスーパーボウルを取る器である事は分かっていた。が2年目は早過ぎでしょう。ダメダメ、燃え尽き症候群になってまうぞ。そうなるとブラウンズにもチャンスが。嘘嘘、ないない。


タイタンズ

gameball

ディフェンス陣全員


タネヒルがまともにプレー出来ていれば勝っていた。とにかく、1投目のインターセプトでオフェンスがガクッとなった。やはりバックフィールドに置くなら、とりあえず、最初はヘンリーを使え、と思う。それよりフォアマンを主戦として使うべきだった。ヘンリーの状態を相手に考えさせると攻め手が1つ増える。何せフォアマンは4キャリーで66ヤード。勿体ない。ヒリアード、マクニコルズと多彩なラン。そして、ブラウン、ジョーンズへのパスへ行きたかった。が、タネヒルの乱調が全て。タネヒルが普通の調子なら、ヘンリーで真正面から勝負に行くのは理解出来るのだが。


ディフェンスは素晴らし過ぎる。9サック。シモンズが3サック。ラッシュで何ヤード下げただろうか。インターセプトもフッカーがギリギリでキャッチ。ディフェンスは満点です。


史上最弱のシード1。これはシード1として抜きん出た力がないという意味。それだけ、今季は実力が伯仲していた。特にブレイベルの力量。主力に怪我人続出している中、シード1を獲得した手腕は評価したい。


ベンガルズ 19ー16 タイタンズ

NFC WILDCARD カージナルスvsラムズ

カージナルス

gameball

OLBマーカス・ゴールデン


シーズン前半の好調時が嘘の様。マレーは動きが悪く簡単に追い詰められてしまう。エンドゾーンでプレッシャーを掛けられ、体勢が崩れてのパスがピック6。この失点で0ー21。前半で敗色濃厚。マレーは走って調子を整えたいタイプ。そのマレーが2回6ヤード。判断も遅く、初プレーオフの緊張感もあったのでは。ランの低迷が大きく試合の流れに影響。コナーは4回19ヤード。パスを弾いてしまってのインターセプトもあった。結局、28点差まで広げられてから、ガベッジタイムの11点。完封を避けるのが精一杯。


ディフェンスも受け身になってしまった。珍しく走るスタフォードに戸惑う。サックは1つ。基本的にラムズのオフェンスを止めるにはスタフォードへのプレッシャー。1も2もなくプレッシャー。届かなければ苦しくなる。そして、そうなってしまった試合。


やはり開幕から1番長く連勝したチームはプレーオフまで、その勢いを持ってこれない。カージナルスはライオンズに負けた辺りからグッとチーム力が落ちて来た。ポプキンス、ワットを欠いてしまってから。2人とも元テキサンズ。そりゃ、テキサンズは低迷するわな。


ラムズ

gameball

RBキャム・エイカーズ


試合の入りさえ気をつければ優位になれるのがスタフォード。久しぶりのプレーオフ。慎重にハンドオフからの入り。ミシェルのいきなりのビッグゲインでスタート。スタフォードから緊張が解けた。ランが効果的なタイミングで繰り出され、オフェンスのリズムを作る。復帰のエイカーズのフィジカルが戻って来ている。スタフォードがラン6回22ヤード。珍しいスタッツ。スニークでのTD。パスオフェンスの爆発はデビジョナルにとっておきましょう。


素晴らしいディフェンス。ボン・ミラーがキレて来た。サックにタックルに大活躍。ドナルドとのコンビも合って来た。そして、マレーのインターセプトを誘発したILBリーダー。このブリッツが試合を決めた。


スタフォードがプレーオフ勝利。嬉しいなぁ。本当に試合の入りが大切。戻って来たエイカーズがこの先のオフェンスの鍵を握りそう。ディフェンスは状態が上がっているスター軍団。悲願のリングをスタフォードへ。


カージナルス 11ー34 ラムズ

 

AFC WILDCARD スティーラーズvsチーフス

スティーラーズ

gameball

DE TJ・ワット


地獄の様なラン2回で試合開始。2キャリー0ヤード。そして、パスインコンプリート。こりゃあかん。オフェンスでは点を取れない。点を取れないどころか、まともにドライブは進まない。パントを繰り返している間にディフェンスが点を取ってくれた。その後も何もないオフェンス。WRジョンソンはドロップも多い。クレイプールへ行くボールは厳し過ぎる。オフェンスの体をなしていない。大差が付いてからの獲得ヤード。ロスリスバーガー、最後のプレーオフでしょうか。でしょうね。


序盤、マホームズからファンブルフォースでリカバーTDを奪ったワット。もうこの手法でしか点は取れない。しかし、2本TDをディフェンスで取れは無理。この時点までは良い試合になるかなと思えたんだけど。この数分後、試合は終わる。


ロスリスバーガーは引退という既成事実が出来上がっているが、正式表明ではない様だ。この試合を見て先発で欲しいというチームはない。控えにしては存在も体もデカ過ぎる。


チーフス

gameball

RBジェリック・マキノン


序盤はスティーラーズディフェンスに圧倒されてしまったマホームズ。しかし、ファンブルリカバーTDで7点差。リードされてマホームズ覚醒。その後は一方的なザ・ショウ。マホームズ404ヤード5TD。調子は完全に戻りました。ケルシーもエンドゾーン前、QBの位置にセットしてTDパス。キャッチでも108ヤード1TD。こちらも調子は戻りました。そして、マキノンが戦力として台頭。体さえ問題なければ何でも出来る選手。戦力としての計算が立つ。その上で、プリングルのエンドゾーンでの怖さよ。プレーオフ本気モードのチーフスは強い。


ディフェンスはやってましたか?スティーラーズの自滅を近場で見学。本当に楽だったでしょうな。余りに骨がなくて次戦に影響しそう。


本命が完勝。まあ、今のスティーラーズに負ける訳がない。マホームズも調子が上がってしまった。試合としては本当にシーズン1見所のない試合だったかも。破綻ないドラマを見た後の感想を言いたくなる。「ええっと、これ何の時間?」


スティーラーズ 21ー42 チーフス

NFC WILDCARD 49ers vsカウボーイズ

49ers

gameball

WRディーボ・サミュエル


強い。楽しい。49ersのオフェンスは面白い。その象徴がディーボ・サミュエル。キャッチも上手いし、ピストル体型からのキャリーもあり。サミュエルがバックヤードにいるとディフェンスは混乱。普通に持たせる事もダウンフィールドに出す事も出来る厄介度。サミュエルはラン10回72ヤード1TD。そして、正統派RBミッチェルがいる。96ヤード1TD。手を焼くわ。そして、伸び盛りのアイユークとジェニングス。キトルは秘密兵器。シャナハンオフェンスの理想形が現実化。


5サック。ディフェンスもオフェンスに引っ張られて好調。出足鋭くプレスコットを追い詰めた。アームステッドが1.5サック。貫禄の活躍。地味ながらもっと評価されて良い選手。不安はLBワーナー、DEボサが怪我。ワーナーは戻れた様だが、ボサはその後戻る事はなかった。ディビジョナルは出場可能の様でホッと。


これは強い。激勝の最終戦勝利からの勢いをそのままにカウボーイズ撃破。2年連続ワイルドカードからのリング獲得もあり得る。多彩なオフェンスとブレイディを凌ぐガロポロのクイックリリース。地味に支えるKグルードの安定感。アップセットするならこのチーム。


カウボーイズ

gameball

CBアンソニー・ブラウン


硬い。立ち上がりから緊張感溢れていたプレスコット。あまり見た事のないパスミスが散見。ボールが上擦り、レシーバーが触れないところに投げていた。そんな時の為のバックフィールド。しかし、機能せず。マッカーシーはポラードを先発と考えていると思ったが。キャリーはたった4回14ヤード。プレスコットの調子を整える意味でもRBのランを多用すべきだった。レシーバーはTEシュワーツが気を吐いた。最後のドライブでも堅実にキャッチ後、タッチを切る冷静さ。シーディー・ラムが1キャッチというところにパスオフェンスの迷いが現れている。


ディフェンスは途中パーソンズがサイドラインへ。その辺りから、バランスを欠いてしまった。勢いに乗る49ersオフェンスに翻弄されてしまった。サックはなし。見せ場はアンソニー・ブラウンのインターセプト


ラストのプレスコットの中央のランは物議を醸した。怒りをオフィシャルに向けて罰金も。ま、残り数秒、タイムアウト無しで、真ん中に走るなんてあり得ないぞ。OLがセットするのにも時間は掛かるし、審判はもっと遅い。鍛えているとは言え、年齢も高いんだから。その辺まで考えてやるプレー。プレスコットらしからぬシーズンの終焉。


49ers 23ー17 カウボーイズ

NFC WILDCARD イーグルスvsバッカニアーズ

イーグルス

gameball

もっとハンドスキルをTEダラス・ゴダート


予想外の粘り腰でプレーオフに残ったイーグルス。ランで勝って来たが、バッカニアーズのランディフェンスにビビったのか?ハーツを除けはラン9回。もっとこだわれシリアーニ。ハーツが43回投げる展開では勝てる訳がない。ハワードなんてキャリーしてない。サンダースをWEEK18休ませて、今週も休ませてどうするのか。ちょっと采配の意味が分からない。ゴダートは良い選手だが、ドロップが多い。ハンドスキルを磨くべき。捕った後の事を気にし過ぎて、どオープンでのドロップがある。スミスは来年どんな選手になるのか1000ヤードは確実。ハーツとのコンビはリーグを席巻するかも。


調子の波が激しいイーグルスディフェンス。1Qの入りが悪いとそのまま、立て直せないきらいがある。今日は悪い日でした。ライアン・ケリガンがサック。シーズン中も出場していたけど、全く目立たなかった。ここでの1.5サックはベテランの意地。


正直、プレーオフ進出は無理だと予想していたのだが、ラン中心にチームを変えて大成功。シリアーニもその戦い方に限界を見ていたかもしれない。ハーツって、ランとパスの能力のバランスは凄く良いと思う。先発としての力はある。プレーオフを勝ち切れる力を付けられるか、3年目の飛躍を期待したい。


バッカニアーズ

gameball

Sアントワン・ウィンフィールド


破綻のないブレイディ。淡々とプレー。途中バーネットにエキサイト。それも計算に見える巨大な経験値。役者やのう。271ヤードで2TD。こんなもんです。フォーネット、ジョーンズが戻れなかったがバーナード復帰。ベルも見たかったが。ボーンが初先発。キャリー少なめながら1TD。バーナードはキャッチでも貢献。そして、大エースWRエバンスは貫禄の働き。117ヤード1TD。グロンクの安定感。


ディフェンスも見事に前半零封。バレットの珍しいインターセプトもあり、乗って来ているディフェンス。中でもウィンフィールドが良い。サック以外にもブリッツでプレッシャーを与えていた。シーズン中は大人しめだったが、プレーオフでは暴れてくれそう。


今年は絶対王者ロジャース率いるパッカーズが君臨しそう。その対抗馬として連覇を狙うバッカニアーズという構図。さて、今日の結果を見てないので、トンチンカンだったらすみません。予想は外れてこそ、NFLは面白いって事で。


イーグルス 15ー31 バッカニアーズ