NFL全試合観戦記

NFLを見まくります。過去記事https://wutexmgnjgqj.blog.fc2.com/?q

イーグルスのロスターチェック ディフェンス&ST編

DL

グラハム / コックス / ハーグリーヴス / バーネット / デービス(R)/ スイート / ミルトン / ジャクソン / トゥプロトゥ

 

自前1巡4人。DLに全てを注ぎ込んでいる。モンスタールーキー、ジョーダン・デイビス加入は恐ろさを増す。コックス、ハーグリーヴスデイビスを並べたい。しかしながら、バーネットがねぇ。本当ならバストと呼ばれても仕方がない成績。今年こそ、逆襲を。

 

LB

ホワイト(←LAC)/ リディック(←CAR)/ エドワーズ / テイラー / ディーン(R)/ ジョンソン(R)/ ブラッドリー / スティーブンス

 

生え抜きが多いのだが、イマイチなユニットだった。過去形。そこにディーンが加わった。3巡はズルい。リディックは安定してサックを挙げられる選手。3-4のOLBの方が得意だが、充分システムに対応出来る。

 

CB

スレイ / ブラッドベリー(←NYG)/ マドックス / マクファーソン / ゴーワン

 

力が衰えて来たとは言え、一流のスレイ。そこにジャイアンツから移籍のブラッドベリーを加えた。先発 2枚から控えにはちょっと力の差がある様に見える。

 

S

ハリス / エップス / タート(←SF)/ ウォレス

 

先発の 2人はバイキングス出身。DLには1巡がひしめくが、DBは移籍組で纏める。チームカラーがあって面白い。ハリスは移籍後まずまずの選手になってしまっている。本当はもっと凄い。今年に期待。

 

ST

P サイポス / K エリオット / LS ロヴァト / R リーガー

 

サイポスは 2年目のシーズン。読みは正しいのか分からん。エリオットはリーグ屈指のクラッチキッカー。リーガーはリターンから始めないと。キーポイントではスミスが出てくるでしょう。

 

総評

今年からイーグルス推し。ディーン大好きなんで。絶対活躍するし、リーグを代表するLBになる。ジョージアの中央ラインが本当に楽しみ。チーム力は充分。ハーツもプレーオフを経験している。果たしてフランチャイズQBとして化けるか。ラン中心オフェンスを展開出来れば、覇権奪回は固い。ハーツが投げまくり始めたら、ちと不安。

 

 

 

 

イーグルスのロスターチェック オフェンス編

QB

ハーツ / ミンシュー

 

チームの浮沈はハーツ次第。走ってこそ。パスはそこそこだが、判断の良いスクランブルでオフェンスを引っ張る。その戦い方を選び、プレーオフ進出。パスもそれほど悪くないが、パス中心にしたら勝てるのか微妙。それなら控えのミンシューの方が上。悩ましいQBだ。パスも磨けば光りそうで。その辺はラマーと少し違う。

 

OL

マイリタ / ディッカーソン / ケルシー / セウマロ / ジョンソン / ディラード / ジュゲンズ(R)/ アンダーソン / ドリスコール / オペタ

 

ドラフト選手が数多く残る生え抜きユニット。ケルシーが現役続行。1つ残念なのはLTとして1巡指名したディラードが圧倒的な存在になっていないところぐらいかな。ケルシーの後継者もドラフト指名して万が一への備え。

 

RB

サンダース / ゲインウェル / スコット

 

ハーツのオフェンスで1番のキーになるバックフィールド。小粒な3枚だが、バランスが良い。3人共にエースでは厳しいが、この3枚で出せる破壊力もある。昨年に比べ、後1枚足りないが、シーズン中に台頭してくる可能かは高い。

 

WR

スミス / ブラウン(←TEN)/ ワトキンス / パスカル(←IND)/ リーガー / ワード / ハイタワー

 

正直、AJ・ブラウンの獲得はそれ程のアドバンテージにはならないかも。ランを志向してのハーツオフェンスなら充実すべきはTEのはず。でも、ブラウンには投げたくなるなぁ。ハーツのパスオフェンス能力が向上する可能性もなくはない。シーズン開幕してみないと何とも言えないなぁ。

 

TE

ゴダート / アルカテラ(R)/ ストール / アレセガホワイトサイド

 

圧倒的な存在になりつつあるゴダート。だが、ハーツにはもう1枚必要でしょう。ルーキーに期待したい部分もあるが、WRからコンバートのホワイトサイドに期待したい。元2巡。

カウボーイズのロスターチェック ディフェンス&ST編

DL

ローレンス / ギルモア / オディグイズワ / アームストロングファウラー(←ATL)/ リッジウェイ(R)/ ワトキンス / ゴルストン / ボハンナ / ヒル / ウィリアムス(R)

 

良い布陣。この中からロスター落ちする選手がいるとは。勿体ない。移籍のファウラーがインパクトを残す事が出来れば申し分なし。ドラフトでも2人指名して、将来的な視点も持っている。

 

LB

パーソンズ / バンダーエッシュ / コックス / ギフォード / ハーパー(R)/ クラーク(R)

 

1年でリーグ最高峰のLBに上り詰めたパーソンズ。しかしながら、まだ、底は見えていない。更に上があるのか、その旅の先をLB偏愛の私は見てみたい。バンダーエッシュもパーソンズの影響か動き易く感じる。更に飽くなきレベルアップを目指して、ドラフトで2人補強。

 

CB

ブラウン / ディグス / ライス / ジョセフ / ライト / グッドウィン / ダロン(R)

 

インターセプト量産でチームの信頼を得たディグスが中心のユニット。思いの外、生え抜き選手が多く、CBユニットを生え抜きで組めそうなのが凄い。

 

S

キース / フッカー / ウィルソン / ムカム

 

目立った補強がない唯一のユニット。ここは移籍組が先発候補。フッカーは元1巡の選手。しっかりと先発に定着して欲しいのはチームとしての願い。フッカー次第では力強いユニットになるが、ディフェンスの弱点にもなり得る。

 

ST

P アンガー / K ガーリベイ / LS マクエイド / R ポラード

 

ベテラン Pアンガーはダラス 2年目。Kはズーラインからルーキーへ交代。名前の読みも正解なのか、不安。リターンはポラード、チャンスでラム。

 

総評

ロスターに生え抜き多し。特にスキルポジションに多い。好感。アメリカズチームというイメージの派手さに対してプレスコットのプレーは地味で堅実。それに沿ったチーム造りはジェリー・ジョーンズらしくない。が、それも好感。チーム力は充実。QBにドラフト1巡を裂かないのが遠因。個人的な開幕前の予想ではパッカーズと並んでスーパーボウル進出候補。マッカーシーがポカさえやらなければ。

 

カウボーイズのロスターチェック オフェンス編

QB

プレスコット / ラッシュ / グリアー / ディヌッチ

 

やはりプレスコットが怪我さえしなければ、地区優勝争いで一歩リード出来る。大崩れしないのがプレスコット。息の長いプレースタイル。控えはカウボーイズでキャリアを積むラッシュ。3番手争いが熾烈。

 

OL

タイロン・スミス / タイラー・スミス(R)/ ビアディス / マーティン / スティール / ボール / フォーニオク / マクガバン / クルヅコ(R)

 

生え抜き1巡が並ぶ豪華な布陣。マーティン、タイロン・スミスはオールプロ候補。ビアディスも成長。1巡ルーキー、タイラー・スミスも本来はLTだがどこに配置するか。右Gなら贅沢。だからこその右Tのラエル・コリンズ。放出してなかったら、リーグ最強OLになっていただろうに。

 

RB

エリオット / ポラード

 

RBに目立った補強がなかったのは、エリオットへの期待感。これで臍を曲げられなくなった。ポラードはスロットで使う噂もあり、2人が同時にピッチに立つとしたら面白い。3番手以降はキャンプ後に抜擢。

 

WR

ガラップ / ラム / ワシントン(←PIT)/ フェホコ / トルバート(R)/ ブラウン

 

順調な成長曲線をラムが移籍のクーパーに代わってエースを務める。1600ヤードぐらいは行きそう。ガロップも 2番手としては申し分なし。怪我がちなのは気になるが。スティーラーズから移籍のワシントンが3番手として定着してくれれば良いが。

 

TE

シュルツ / マキオン / ファーガソン(R)

 

未契約のシュルツの動向は気になるが、落とし所は決まってるでしょ。それ程の心配はない。4巡ファーガソンの活躍にも期待。

 

 

ブロンコスのロスターチェック ディフェンス&ST編

DL

D・ジョーンズ /  D.J.・ジョーンズ(←SEA)/ ウィリアムス / ハリス / アグミ / スペンサー / ウクズライク(R)/ ペニングセン(R)

 

2人のジョーンズが中心になる。コンスタントに相手OLにプレッシャーを掛ける事が出来るコンビとなりそう。元からいるジョーンズは新たなジョーンズの加入で更に力を得る。ややこしい。

 

LB

チャブ / グレゴリー(←DAL)/ ジュエル / シングルトン(←PHI)/ ボニート(R)/ ストマッド / クーパー / ブラウニング

 

ミラーの移籍した今、チャブの爆発が求められる。怪我が多く1年おきに大怪我をしているチャブ。来シーズンは怪我のない年。その予定。期待したい。ミラーに代わってエッジラッシャー、グレゴリーを獲得。まだ、その才能の全てを発揮しているとは思えない。こちらも相乗効果で 2桁サックを狙う。

 

CB

サーティン / ダービー / ウィリアムス(←SF)/ オジュムディア / スミス(R)/ ヒックス(R)

 

サーティンがいる事での効果は更に大きくなるはず。次代のオールプロ確定と言っても良い能力。そこに 2人のルーキーを加えたのは意外。ダービーもうかうかしてられない。

 

S

シモンズ / ジャクソン / スターンズ / ロッケ / テイラーイエル(R)/ ジョンソン

 

決して派手ではないが、リーグ屈指のSシモンズ。ジャクソンとのコンビもまずまず良い。ディフェンスを統率する力も感じる。リーダーシップ。シモンズがいる限り、奥の守備は大丈夫。

 

ST

P マーティン / K マグナマス / LS ボーベンマイヤー / R ワシントン

 

ベテランのマーティンは信頼を置ける。マクナマスも素晴らしいキッカー。リターンは控えWRから無難に選ばれそう。

 

総評

パッカーズのQBコーチがHCに就任。ロジャース獲得の噂からノーマークのウィルソンがやって来た。ええやん。昨シーズンもQB以外は戦力充実。そして、結果のウィルソン。普通なら地区優勝候補に挙げられるが、AFC西はどの地区もエグい。マホームズいるしね。地区優勝から4位まで予想は均等に割れますな。

ブロンコスのロスターチェック オフェンス編

QB

ウィルソン(←SEA)/ リッピン / ジョンソン(←BAL)

 

1巡 2つでウィルソンを手に入れるなんて、バーゲンじゃね。とワトソンに3つ払ったチームのファンは思ってしまう。ウィルソンが加わったことで、マホームズに初めてガチンコ勝負を挑める。後はウエイトコントロールが懸念。控えはリッピンと困った時のジョシュ・ジョンソン。

 

OL

ボールズ / ライズナー / クッセンベリー / マインズ / ターナー(←GB)/ ムティ / グラスゴー / ブランデン(←GB)/ ワッテンバーグ(R)/ ベイリー

 

ボールズの成長もありユニットとして年々堅固になっている。パッカーズでLTの先発経験もあるターナーを加え、更に上昇。控えを含め、ウィルソンにとって今までで最強OLになるかもしれない。

 

RB

ウィリアムス / ゴードン / ブーン / ベック

 

ゴードンと再契約が成立して昨シーズンのメンバーがそのまま残った。ブーンも良いRBであるし、成長を見込めるウィリアムス。盤石。ベックは元TEだったよね。FB登録でブロッカーとして起用。

 

WR

サットン / パトリック / シュデイ / ウィリアムス / ヒントン / ハムラー / クリーブランド / ワシントン(R)

 

シュデイがウィルソンのパスを受けることを一番喜んでいるのではないか。成績爆上げしそうな予感。サットン、パトリックと良い選手が並ぶが、ユニットの鍵を握るのがハムラー。タイプ的にレイダースのレンフローと被るが、ポテンシャルでは同等かそれ以上。怪我から復帰のシーズン。ウィルソンのホットターゲットになれるか。

 

TE

オクウェグボーナム / ダルチッチ(R)/  トムリンソン(←BAL)

 

そりゃ、全ての補強が完了する訳ではない。ファントを放出し、ウィルソンを取ったのだから、それ以上は高望み過ぎ。それでもファントがいたら、オフェンスは完璧だったな。チームの弱点はここか。

チャージャーズのロスターチェック ディフェンス&ST編

DL

テイリー / ジョンソン(←NYG)/ ジョセフ・デイ(LAR)/ コビントン / オグボニア(R)/ フェホコ / 

 

ディフェンスの中では弱めのユニット。いやいや、中々の選手が揃っている。ちなみに私の参考にしているデプスチャートではボサがOLB扱い。テイリーは元1巡での4年目。怪我も少なく縁の下の力待ち的な選手。大事。

 

LB

ボサ / マレー / トランクイル / マック(←CHI)/ バンノイ(←NE)/ ニーマン / ランフ / エグフュール

 

マック加入も凄いが、個人的にバンノイ加入に驚いた。昨シーズンも良い動きをしていたバンノイがマック、マレーと組むLB陣に穴を探すのは難しい。ラッシュも良し、ランストップも良しのマックがチームに溶け込んだら怖いぞ。

 

CB

ジャクソン(←NE)/ サミュエル /キャラハン(←DEN)/ テイラー(R)/ レオナード(R)

 

ジャクソン加入。いやぁ、弱点と思われたCBにこの上のない人材を確保。サミュエルが伸びて来るのは当然。下位で 2人も加え、後数年は大丈夫。

 

S

ジェームス / アダリー / ギルマン / ウッズ(R)/ ウェブ

 

ジェームスは既にリーグ屈指のS。アダリーとのコンビも板に付いてきた。3巡ルーキー、ウッズにもしっかりと出場機会は回って来そう。

 

ST

P スコット(←JAX)/ K ホプキンス / LS ハリス / R カーター(←WAS)

 

STチームはチャージャーズの長らく弱点。パンターはスコットで本当にいいの?崩れるとしたらここから。ホプキンスは漸く落ち着いたKだが、1年ごとに波がある。リターナーのカーターはワシントンでも経験あり。期待出来る。

 

総評

昨シーズン、圧倒的なオフェンス力を悉く無にしたディフェンス陣とST。いやいや、HCステイリー、あんたもだぞ。無理な4thダウン強行も目立った。ハーバート率いるオフェンス陣に問題なし。マック加入のディフェンス陣には期待しかない。けどなぁ。STがなぁ。と不安な気分が増してくる。